外国為替を利用した外貨預金について.

資産運用の方法には様々なものがありますが、
外貨預金は外国為替を用いたシンプルな金融商品です。

長期で資産を運用したい人、また、外貨の扱いに
ついて初心者の人でもできる取引方法といえます。

定期預金や普通預金を日本円ではなく
外国為替で行うものと考えていいでしょう。

外貨預金には幾つかのタイプがありますが、
外貨ベースでの利息と元本が保証されているのが魅力といえます。

外国為替を利用して外貨預金をするには、
まずその時の為替比率で日本円を外貨に交換します。

一定の期間が経過すると預金は終了し、
利息がついた状態で日本円に再度換金されて手元に
戻るという形が一般的です。

外貨定期預金は預入期間が3ヶ月や6ヶ月と
あらかじめ決められており、外貨普通預金は期間が
決まっておらず自由に出し入れできます。

満期までは解約できないことが外貨定期預金では
決められています。

外貨定期預金の中途解約は、会社によっては
条件付きで認められているものもあります。

利息で資産を増やすだけではなく、為替差益を利用して
預入時より為替レートが円安になったタイミングで
解約することで大きな利益をあげることも可能です。

預け金110万円をドル建てで外貨預金に入れる場合、
預け入れ時1ドル110円ならば1万ドルを預けることになります。

満期になった時に1ドル110円が120円に上昇していた場合、
手元に引き出される額は利息抜きでも120万円になります。

外国為替市場の通貨特長.

各国通貨は個別に特色があり、為替市場の中で
それぞれが流通しています。

現在、実に多くの通貨が取引のために出回っています。

知名度の高いポンド、ユーロ、ドルなどは取引量の多い通貨です。

知名度があまり高くないものとしては
タイバーツや南アフリカランドなどたくさんあります。

外国為替市場の特色を知るには、流通している
各国通貨についても知っておいた方がいいでしょう。

FX取引でも通貨選択は重要です。

米ドルはアメリカの通貨であるだけでなく、
世界じゅうのマーケットで流通している基軸通貨です。

為替取引量が世界で最も多い通貨がドルであり、
国家間の貿易や投資はほとんどドルで取引されます。

不安要素もあり、財政赤字や経常赤字という
双子の赤字や、サブプライム問題の影響も見受けられます。

世界の外国為替市場でドル離れが少しずつ
進んでいることも事実です。

ユーロはEU欧州連合に加盟している25カ国のうちの
約半分が使用している通貨で、アメリカドルに次ぐ
主要通貨としての位置を固めつつあります。

外国為替市場での為替取引量は年々増加しており、
ドルに代わる受け皿の役目をする通貨として注目されています。

現在、為替市場で注目を浴びつつある通貨が
オーストラリアドルやニュージーランドドルです。

国家経済が好調なことがその理由です。

これらの通貨は取引量こそドルやユーロほどではありませんが、
金利が高く先行きが好調なことから投資としてよく
取引されています。

外国為替相場と外国為替市場について.

国家間の通貨のやり取りを直接通貨を
やり取りせずに行う方法に外国為替があります。

現金を直接やり取りせず、為替手形や送金小切手などの
信用手段で決済する方法です。

外国為替の俗称を「がいためと」いいます。

これは、本来の「がいこくかわせ」という読みを
縮めて表記したものです。

外国為替は国家間の通貨の取引なので、
通貨と通貨を交換することです。

交換比率を決める方法はいくつかあり、
1973年までは固定相場制が採用され為替レートは
固定されていましたが、ドルの大量流失に伴って
現在の先進各国は変動相場制へ移行しました。

そのためその時々の交換比率に基づく
外国為替相場が成立しています。

外国為替市場は外国為替取引がなされている場所として
株における東京証券取引所のように思われがちですが、
建物としては存在していません。

これは概念上の市場で、外国為替の取引市場は
電話やインターネットを通して取引を行います。

共通認識、イメージ的な存在であるともいえるでしょう。

外国為替相場では、主な取引がされる東京と
ニューヨークとロンドンの3つの市場を世界三大市場といいます。

外国為替市場の一日は、ニュージーランド市場が
日本時間の午前6時半(冬季は7時)に開始した時から始まります。

その後はシドニー、シンガポール、ロンドンなど
次々と市場が開き、終わるのは翌日午前6時(冬季は7時)です。

つまり、外国為替市場は世界中のどこかの国が
必ず開いている状態で、一つが閉まる頃には
別な一つの開く時間になります。

市場が眠らないと呼ばれるゆえんです。

外国為替相場の変動理由

外国為替市場で取引が続いている限り、
外貨の交換比率は日々刻々と変わり続けています。

市場で通貨の交換レートを決めているのは、
その通貨に対する需要と供給のバランスです。

片方の通貨が多くの人に求められ、もう片方の通貨が
必要なくなった時、人々はいらなくなった通貨を
売って欲しい方の通貨を買います。

この時欲しい方の通貨の価値は上がるため、
交換比率変動します。

人気のない通貨の価値は下がり、人気のある通貨の価値が
上がります。

実際に物を売買する場でも、求める人が多い品物は
価格が上昇しますが、通貨もそれは同じで求める人の多さが
そのまま通貨の価値に反映されます。

通貨がどのような理由で求められ、そして売られるのでしょうか。
大きなものはファンダメンダルズによるものです。

国家の経済成長率や貿易収支、卸売物価、
経常収支などの指数のことですが、為替レートに
中長期的な影響を及ぼします。

成長性の高い国はファンダメンタルの数字の伸びがよく、
市場では貨幣価値が高くなります。

ファンダメンダルズ要因は中長期的に為替の動きに
影響を与えますが、この他に一時的な影響が
あるものとしては実需要因があります。

実際に通貨が取引されたことによって価値が変わるもので、
巨額の外貨が動いた時に影響が出ます。

また、戦争や政策決定などその国の経済事情に
変化のある出来事の影響は、外国為替市場にも波及してきます。

経済に影響がありそうなものは何でも為替変動の要因になりえます。

戦争はその最たるものです。
たとえば市場には『有事のドル買い』という言葉があります。

言葉の通り、世界のどこかで自然災害や国家間の戦争、
紛争が発生するとドルが必要となり価値があがることを
示しています。

外国為替を利用した投資.

外国為替を利用した投資には様々なものがあります。

外貨MMFという外貨を使った投資信託もありますし、
外貨預金はそのまま外貨を定期預金として保有するものです。

FXは為替レートの変動で差益を取ることが目的ですし、
外国投信は外国債券や外国株で運用されます。

外国為替によって投資を運用する際の魅力には、
どのようなものがあるでしょう。

大きな理由に一つに、外国為替を利用した
投資時の金利のよさがあります。

日本円はここ何年もの間、ゼロ金利と呼ばれるほどの
超低金利通貨にあります。

日本で預金をしても利息はほとんどつきません。

一方、外貨の預金はその国の金利で計算するため
それなりの利息がつきます。

預金する外国通貨によって差はあるものの、
日本円と比べればかなりの金利の高さです。

この金利の高さが、外国為替の強みです。

また、資産を外貨で保有すると日本円の価値が
下がった時に備えてのリスク分散になります。

日本円のみで資産を保有している場合、国内で
大規模なテロや災害が発生すると日本円の価値が下がります。

また、インフレによってものの値段が上がった時に
外貨にして持っていれば、日本円の影響は少なくて済みます。

外貨を組み合わせないまま資産を持つことは、
日本円の価値変動の影響を直接被ることです。

外国為替を利用して資産を外貨に替えておくことは、
資産運用のリスクを分散させておく効果があるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。