FX デイトレードのコツ

FXデイトレードを上手にするには、レバレッジを
かけるタイミングやポイントが大事です。

FXデイトレードで元手を何十倍にもした
成功者の話を聞きますが、そういった人は全体の
10パーセントに見たず、70%は負け越しているといいます。

失敗する人は、FXで小さな差益を何度か重ねていながらも、
それらの儲けが一気に吹っ飛んでしまうほどの大きな
差損を出してしまいがちです。

相場は円高方向には急激に落ち、円安方向には
小刻みに上がっていきます。

FXデイトレードでは、動きが急に変わるタイミングで
損を大きくしてしまわないことです。

自分なりのパターンを作り出して、それに沿って
デイトレードをすることが成功のポイントです。

売買ルールを固定しすぎると失敗しやすくなります。

臨機応変に使えるルールを幾つか持っておきましょう。

そして、その時々の状況に合わせて随時使い分けることが
デイトレードで負けないコツであり、益を積み重ねていく上では
必須です。

FXデイトレードとは、為替市場から少しずつ
お金をかすめ取っているようなもので、そのちょっとしたお金を
かすめ取るタイミングは一瞬であることが多いです。

一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、
FXデイトレードでは即断が必要です。

できるだけ勝ち逃げをすることがFXデイトレードのコツです。
深入りしすぎず、欲張りすぎないようにしましょう。

FX デイトレードの特徴

FXでは1日で取引を済ませるデイトレードと、
じっくりと売買をする中長期のトレードがあります。

FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレード
売買の留意点が少し異なります。

FXデイトレードでは小さな値幅の中での差益を狙いますが、
これは、1日の短い時間の中で売買を行う短期決戦的な
売買をしているからです。

0.3円から0.5円ぶんの差益を狙うことが多く、
時に1円ぶんの差益を狙う程度です。

数円単位の利幅を求める取引の形が中期〜長期のFXトレードです。

一方、デイトレードならば1円以上の差益は難しいものです。

為替市場は眠らない市場と呼ばれ、平日ならば常に開いています。

値動きが活発な時間帯はロンドン市場が開いてからと
ニューヨーク市場が開いてからです。

つまり、夕方の4時頃はロンドン市場の影響で、
夜中の9時頃はニューヨーク市場の影響で相場の流れに
影響が出ます。

利益が取りやすいタイミングとは、このように値動きが
活発な時です。

為替相場の記録であるチャートは今後を予測する時に
重要なものです。
短い期間で区切ったチャート表がFXデイトレードには欠かせません。

1時間単位、30分単位などのチャート表を使います。
短いチャート表から一瞬のタイミングを掴むのが
FXデイトレードですが、長期のチャート表で相場の大きな流れも把握します。

FX デイトレード向きの通貨

FXデイトレードでは、大きく相場が動く時に
その一部分に乗って利益を取ります。

FXで扱う通貨はたくさんありますが、
値動きの激しい通貨がFXデイトレードに向いています。

FXでは変動率の大きさを示すボラティリティという
言葉があり、ボラティリティの高い通貨ほど
FXデイトレードに向いています。

為替レートと値動きの関係をパーセンテージで
表すと大体の変動性の高さがわかります。

FXのボラティリティは通貨ごとに異なり、
2007年の米ドル/円は、最高値で124円台、
最安値は107円台で値幅は17円でした。

ここでイギリス通貨であるポンドに目を転じてみると、
変動した値幅は1ポンド251円円台〜219円台の32円です。

米ドル/円よりはポンド/円の方が値動きは激しく
ボラティリティは高かったわけです。

英ポンドと米ドルを比較すると、英ポンドの方が
デイトレードでの大きな利益が見込めるといえます。

実際、デイトレーダーがメインに取引をしている通貨は、
値動きの激しいポンド/円や、ポンド/ドルといった
通貨のようです。

FXでは金利の差によるスワップポイントが通貨ごとに
決まっています。

ただし、デイトレードでは1日の取引を翌日に
繰り越さないので、スワップポイントが加算されることは
ほとんどありません。

FXデイトレードではスワップポイントは関係なく、
値幅が大きくて為替相場の動きが素直で展開が読みやすい通貨が、
FXデイトレード向きの通貨といえます。

FX デイトレードの適性

FXデイトレードに向く人の適性は、集中力、
そして判断力のある人です。

判断力の高い人は、刻一刻と様相を変えていく為替相場に
順応し取引を続けることができます。

また、強い精神力がなければ取引を続けることはとても
難しいでしょう。

自己管理がしっかりできており、困難な状況に陥っても
そこから脱却できる方法を知っていることが
FXデイトレードの成功への道につながります。

取引スタイルはどんどん使いやすく手軽になっており、
FXの取引をゲームのような感覚で行うことが
できるようになりました。

FXイトレードはギャンブル感覚、
ゲーム感覚で楽しんでいるだけでは、
いつか大きな落とし穴にはまる事になりでしょう。

デイトレードでは、調子のいい時だけでなく
思うようにいかない時にどうするかを会得できるか否かが重要です。

資産運用方法の中でも、FXデイトレードは投機色が
強い印象があります。

リスクを負いながらチャレンジする賭け事的な印象もあるでしょう。

FXの取引では一瞬一瞬が勝負ですから、感覚を
研ぎ澄ませて判断ができるようになりましょう。

取引のスタイルをブラッシュアップさせ、
損きりの戦略や売買のタイミングなどを作り上げていきましょう。

些細なミスが大きな損になりかねないデイトレードですが、
損の限度を調整できているうちは大丈夫です。

FXデイトレードの時は、危険の高いトレードほど細心の
注意を計るようにしていきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。