外国為替FXのしくみ


一般的には「外国為替市場」とは、
「銀行間取引市場」のことを言います。

FXは、ほとんど電話とネットワークで
構成されており、株の東京証券取引所にあたる実在の取引所は、
存在しません。


「銀行間取引市場」で行われる取り引きの
結果で決まる二国間の交換比率が
為替レートとなります。

この為替レートは、国の内外の金融機関が
参加をして取引をしています。

私たちがFXの取引をする時は、取引業者を
介して行うので、この銀行間取引に
直接参加するわけではありません。

実際に取引をする金額は大きいので
一部だけを証拠金として業者に入金し、
差額は業者から借りる形になります。

これで少ない元手で取引ができるのです。

このように、実際の資金より高い額の
取引を行うことを、てこをいみする
レバレッジと呼びます。

ここで高い為替差益や高スワップを
狙うこともできますし、金利リスクを
低く抑えることもできるのです。

レバレッジの倍率は取引をする人が
自分のさじ加減に合わせて決めることができます。

レバレッジを増やすことで同じ年利2%の
金利でも4%にも10%にも変えることが
できます。

FXの初心者入門の段階でもレバレッジ
大きくなるとリスクも大きくなります。

相場が急に動いた時は、資産の追加や取引額の
減少などでレバレッジを一時的に小さくし、
対応する工夫も必要になります。


大手の証券会社でも倒産リスクがあり、
そして年金も十分ではありません。
今や、自分の財産は自分で守り殖やす時代です。

資産を有効に活用するためにも、
老後資金の形成のためにも、、
FXでの取引を覚えることは強い味方になってくれます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。