FX 税金の優遇対策 


FXを副業にされている人も、最近は増えているようです。

FXで儲かった分にも、当然ですが税金がかかってきます。

所得税の中に雑所得として合算して税金を払うことに
なるので、儲けの10%程度は税金として
みておく必要があります。

ただし、年間の儲けが20万以下の場合は、
申告して税金を払わなくてもいいことに
なっているのをご存知でしょうか?

月に直すと・・・  1.6万円

FX投資の利益には、株式や先物取引に設定されているような
分離課税などの税制優遇がありません。

また、株式や先物取引との損益合算はできないので
ご注意ください。

FX向けの税金優遇政策として、
2005年から「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)と
いうものが設定されているとのことです。

手数料が高いことが難点ですが、
700万円以上の利益が出ている場合は税率が割安になったり、
損失を3年間持ち越せるなどの税金優遇が受けられます。

FXの税金の種類


FX投資で儲けたら、FXの税金についても理解しておきましょう。

一般的に税金は、
給与や事業などによる所得にかかる所得税と、
株式先物投資などのように特別な税率が
決まっている分離課税があります。

FX雑所得として申告して、
儲かった分は多く給与があったと計算し、
所得税として税金を払うことになります。

もしあなたが複数の取引業者でFX投資をしていた場合は
、損をしている口座も儲かっている口座も
合算して申告できますが、トータルで損失が出ていても、
他の所得から損失を差し引くことはできません。

FX投資のための必要経費は差し引くことができます。

手数料や購入した資料などは記録や領収書を
残してかしこくFXの税金を払いましょう。

また税金は、さまざまな要素が関係してきますので、
迷ったときはプロに相談するようにしてください。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。