FX スワップ


FXの用語で、スワップレバレッジという言葉がわからないという方が多いそうです。

慣れてしまえば、むずかしいものではありません。

スワップとは、

金利差のことです。いま日本は超低金。
しかし世界には高金利の国がたくさんあります。

FXでは、金利の安い通貨(たとえば日本)を売って、
金利の高い通貨(たとえば米ドル)を買って持つと、
金利の差がでます。これがスワップです。

金利の差額分の発生。これがスワップポイントです。

スワップは購入した通貨を持っている間、毎日受け取ることができます。

FXの取引業者ごとに、組み合わせられる通貨に特徴があり、
多くの通貨が取引できます。

「ニュージーランドドル」や「オーストラリアドル」を選ぶ人が多いですね。

通貨を買うときにレバレッジ(てこの力という意味です)を
数倍に設定すれば、ちょっとした資金でも、
1日数十円〜100円程度のスワップ、年間で数万のお小遣いが
ゲットできる計算になります。

レバレッジは、FXの大きな特徴です。

利益を大きく取ることもでき、読みが外れたときにはそれだけの
リスクを負うことにもなりますが、FXにの醍醐味です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。