FX デイトレードのリスク管理.

FXデイトレードとは、一日のうち何回もFXの取引を
行うことです。

日計りという名称でデイトレードを表現することもあります。

そして、生活の糧を日々のデイトレードで得ている人を
FXデイトレーダーといいます。

大きな相場の動きに左右されない点がデイトレードの強みです。

短期的な相場の動きだけに注視しての取引が可能です。

逆にいえば、大きな上昇があってもデイトレードの場合は
流れにのった差益の獲得は難しく、一度のトレードで
得られる利益は常に一定です。

運用方法をコントロールすることで、一度の取引が
壊滅的な損になることも、リスクを回避することも可能です。

FXでは、業者に一定額の証拠金として預け
元金の何倍もの取引が可能なレバレッジという仕組みがあります。

元手に限りがあっても、一時的にレバレッジを
上げて大きな差益を狙うことがFXでは可能です。
少ない証拠金で数倍の取引ができるのです。

とはいえ、レバレッジを上昇させることは高リスクと
表裏一体です。

長期保有を目的にしている場合、平時は4〜5倍程度が
おおよその目安です。

しかし、デイトレードをする人によっては、レバレッジ100倍の
取引をすることもあります。

『相場の動きが読めた』と思う瞬間ならば、
レバレッジを上げることも有効な手段です。

FXは常にリスクを調整しながら取引に望めるという点で、
デイトレード向きの投資方法ともいえます。

FX外国為替証拠金取引とは何か

外国為替証拠金取引(FX)は、最近では
証拠金という一定額のお金を業者に預けて、
その業者を介して為替の売買を行うことです。

元々はForeign Exchange(外国為替)の略称でした。

FXは、初心者にもはじめやすい投資方法です。

まずは、失敗の少ない初心者向きの投資方法を
目指すならば、変動が読みにくい
為替差益による利益より、少額でも毎日入る
スワップ金利狙いの運用が合ってるでしょう。

FXは、証拠金を元手に貨幣を売り買いして
為替レートの変動による差益や、スワップ金利
呼ばれる各国金利差に基づく利益を受け取ります。


証拠金は数万円単位で出来るので、少額からでも
はじめられ、売買手数料が少ないので
何回でも取引ができます。

取引市場に出向かなくても
ネット操作で手軽に取引ができます。


外貨預金は取引時間に制限がありますが、
FXは、取引の可能な時間でしたら、
マーケットの開いている平日ならほぼ
いつでも可能です。

FXは、株のように多くの銘柄から選択するのではなく、
国の貨幣を買うので会社の倒産による資産の消滅は
ありません。

FXは、為替の変動で含み損が大きくなる危険性は
ありますが、そんな時でも被害を最低限に抑える
「ロスカット」ルールが存在します。
このルールは、初心者でも最低限
知っておくべき部分といえるでしょう。

為替の投資というとデイトレードの印象が
強いかもしれませんが、FXではそればかりでは
ありません。

スワップ金利(一定の外貨を
保有しているだけで何もせずとも、
毎日少しずつ資産が増える)も魅力的です。

FXは外貨預金に似ていますが、外貨普通預金は
低金利高手数料です。

外貨定期預金は金利は高めですが、
預け入れ期間が決まっており、その時々の
為替レートに合わせて売りと買いを
決めることができません。

投資は一旦預ければ運用は任せることができますが、、
FXは、何から何まで自己責任で
多額のお金を動かすので、慣れるまではためらいが
あるかもしれません。

まずは、FXの初心者入門をおさえ、無理のない
投資で有益な利益を生み出すことができれば、
資産形成において有用な武器になるでしょう。


FXとは?

FXとは、外国為替証拠金取引をする投資形態で、
「外貨FX」などとも呼ばれます。

FXの業者や証券会社などに小額の担保金を差し入れ、
その10〜20倍の外貨を売買することができる仕組みです。

外貨は、政治、経済、貿易、災害などさまざまな要因で、
常に変化しています。

円高のときに外国の通貨を買っておき、円が安くなってから
外貨を売って円に戻すと、売買の差分の利益が狙えます。

先に外貨を売っておき、円が高くなったら買い戻すなど、
持っていない外貨を売ることからも始めることができるのも、
FXではできます。

取引できる外貨の種類の豊富さ、最低証拠金や手数料の
引き下げにより、近年はFX投資利用者が急増しています。

証拠金の数十倍の金額を扱えるので、大きな利益を
期待することもできますが、予想と異なる方向に相場が
動いた場合は、損失も大きくなることがあるので、
FXを始めるには注意も必要です。

FXで利益をあげる方法


FXで利益をあげるためには、
一時的な感情や溢れかえる情報に左右されることなく、
売り時、買い時をシステム化して
機械的にトレードすることが、コンスタントな結果に
つながると言う人もいます。

FX投資トレードをシステム化するには、
設計、テスト、検証、運用のプロセスが必要です。

システムトレードの設計をする場合は、
移動平均線、オシレーター系のチャート上で、
売るタイミング、買うタイミングを分析し、
ルール化する方が多いようです。

FXの過去のデータを使ってテストを行い、
安定した結果を出すかどうかのチェックは不可欠です。

海外では、FXに限らずどの投資でも、
システムトレードという考え方で投資される方が
多くなっているようです。

プロがコンピュータで組み上げた本格的なプログラムも
販売されています。

表計算ソフトや、システムトレードツールを使いながら、
自分のルールを作っていくのも楽しいものです。







FXシステムトレード

FXだけでなく、金融商品をトレードして利益を
あげようとする場合、情報に振り回されたり、
感情で判断したりしまいがちです。

システムトレードとは、
機械的に決められたルールに則ったトレードを行うこと。

そこには、人間的な感情は入れません。

FX為替相場スワップ、レバレッジなど多くの要素が
組み合わさって複雑に変動し続けるFX投資では、
システムトレードがよいという人もいます。

実際にFX投資でシステムトレードをすると決めたら、
ルールを変更することなく機械的に
売買することが大切です。


でも、なかなかむずかしいですね。

稼ぎたいという気持ちをコントロールすることは。

コンピュータにシステムトレードの
プログラムを組み込み、自動売買する方法が近年
増えていますが、個人でも表計算ソフトを
使ったシステムなどで応用できるので研究
してみる価値はあるかもしれません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。