FX デイトレードの特徴

FXでは1日で取引を済ませるデイトレードと、
じっくりと売買をする中長期のトレードがあります。

FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレード
売買の留意点が少し異なります。

FXデイトレードでは小さな値幅の中での差益を狙いますが、
これは、1日の短い時間の中で売買を行う短期決戦的な
売買をしているからです。

0.3円から0.5円ぶんの差益を狙うことが多く、
時に1円ぶんの差益を狙う程度です。

数円単位の利幅を求める取引の形が中期〜長期のFXトレードです。

一方、デイトレードならば1円以上の差益は難しいものです。

為替市場は眠らない市場と呼ばれ、平日ならば常に開いています。

値動きが活発な時間帯はロンドン市場が開いてからと
ニューヨーク市場が開いてからです。

つまり、夕方の4時頃はロンドン市場の影響で、
夜中の9時頃はニューヨーク市場の影響で相場の流れに
影響が出ます。

利益が取りやすいタイミングとは、このように値動きが
活発な時です。

為替相場の記録であるチャートは今後を予測する時に
重要なものです。
短い期間で区切ったチャート表がFXデイトレードには欠かせません。

1時間単位、30分単位などのチャート表を使います。
短いチャート表から一瞬のタイミングを掴むのが
FXデイトレードですが、長期のチャート表で相場の大きな流れも把握します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。