FX デイトレード向きの通貨

FXデイトレードでは、大きく相場が動く時に
その一部分に乗って利益を取ります。

FXで扱う通貨はたくさんありますが、
値動きの激しい通貨がFXデイトレードに向いています。

FXでは変動率の大きさを示すボラティリティという
言葉があり、ボラティリティの高い通貨ほど
FXデイトレードに向いています。

為替レートと値動きの関係をパーセンテージで
表すと大体の変動性の高さがわかります。

FXのボラティリティは通貨ごとに異なり、
2007年の米ドル/円は、最高値で124円台、
最安値は107円台で値幅は17円でした。

ここでイギリス通貨であるポンドに目を転じてみると、
変動した値幅は1ポンド251円円台〜219円台の32円です。

米ドル/円よりはポンド/円の方が値動きは激しく
ボラティリティは高かったわけです。

英ポンドと米ドルを比較すると、英ポンドの方が
デイトレードでの大きな利益が見込めるといえます。

実際、デイトレーダーがメインに取引をしている通貨は、
値動きの激しいポンド/円や、ポンド/ドルといった
通貨のようです。

FXでは金利の差によるスワップポイントが通貨ごとに
決まっています。

ただし、デイトレードでは1日の取引を翌日に
繰り越さないので、スワップポイントが加算されることは
ほとんどありません。

FXデイトレードではスワップポイントは関係なく、
値幅が大きくて為替相場の動きが素直で展開が読みやすい通貨が、
FXデイトレード向きの通貨といえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。