外国為替を利用した外貨預金について.

資産運用の方法には様々なものがありますが、
外貨預金は外国為替を用いたシンプルな金融商品です。

長期で資産を運用したい人、また、外貨の扱いに
ついて初心者の人でもできる取引方法といえます。

定期預金や普通預金を日本円ではなく
外国為替で行うものと考えていいでしょう。

外貨預金には幾つかのタイプがありますが、
外貨ベースでの利息と元本が保証されているのが魅力といえます。

外国為替を利用して外貨預金をするには、
まずその時の為替比率で日本円を外貨に交換します。

一定の期間が経過すると預金は終了し、
利息がついた状態で日本円に再度換金されて手元に
戻るという形が一般的です。

外貨定期預金は預入期間が3ヶ月や6ヶ月と
あらかじめ決められており、外貨普通預金は期間が
決まっておらず自由に出し入れできます。

満期までは解約できないことが外貨定期預金では
決められています。

外貨定期預金の中途解約は、会社によっては
条件付きで認められているものもあります。

利息で資産を増やすだけではなく、為替差益を利用して
預入時より為替レートが円安になったタイミングで
解約することで大きな利益をあげることも可能です。

預け金110万円をドル建てで外貨預金に入れる場合、
預け入れ時1ドル110円ならば1万ドルを預けることになります。

満期になった時に1ドル110円が120円に上昇していた場合、
手元に引き出される額は利息抜きでも120万円になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。