外国為替相場と外国為替市場について.

国家間の通貨のやり取りを直接通貨を
やり取りせずに行う方法に外国為替があります。

現金を直接やり取りせず、為替手形や送金小切手などの
信用手段で決済する方法です。

外国為替の俗称を「がいためと」いいます。

これは、本来の「がいこくかわせ」という読みを
縮めて表記したものです。

外国為替は国家間の通貨の取引なので、
通貨と通貨を交換することです。

交換比率を決める方法はいくつかあり、
1973年までは固定相場制が採用され為替レートは
固定されていましたが、ドルの大量流失に伴って
現在の先進各国は変動相場制へ移行しました。

そのためその時々の交換比率に基づく
外国為替相場が成立しています。

外国為替市場は外国為替取引がなされている場所として
株における東京証券取引所のように思われがちですが、
建物としては存在していません。

これは概念上の市場で、外国為替の取引市場は
電話やインターネットを通して取引を行います。

共通認識、イメージ的な存在であるともいえるでしょう。

外国為替相場では、主な取引がされる東京と
ニューヨークとロンドンの3つの市場を世界三大市場といいます。

外国為替市場の一日は、ニュージーランド市場が
日本時間の午前6時半(冬季は7時)に開始した時から始まります。

その後はシドニー、シンガポール、ロンドンなど
次々と市場が開き、終わるのは翌日午前6時(冬季は7時)です。

つまり、外国為替市場は世界中のどこかの国が
必ず開いている状態で、一つが閉まる頃には
別な一つの開く時間になります。

市場が眠らないと呼ばれるゆえんです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。