外国為替相場の変動理由

外国為替市場で取引が続いている限り、
外貨の交換比率は日々刻々と変わり続けています。

市場で通貨の交換レートを決めているのは、
その通貨に対する需要と供給のバランスです。

片方の通貨が多くの人に求められ、もう片方の通貨が
必要なくなった時、人々はいらなくなった通貨を
売って欲しい方の通貨を買います。

この時欲しい方の通貨の価値は上がるため、
交換比率変動します。

人気のない通貨の価値は下がり、人気のある通貨の価値が
上がります。

実際に物を売買する場でも、求める人が多い品物は
価格が上昇しますが、通貨もそれは同じで求める人の多さが
そのまま通貨の価値に反映されます。

通貨がどのような理由で求められ、そして売られるのでしょうか。
大きなものはファンダメンダルズによるものです。

国家の経済成長率や貿易収支、卸売物価、
経常収支などの指数のことですが、為替レートに
中長期的な影響を及ぼします。

成長性の高い国はファンダメンタルの数字の伸びがよく、
市場では貨幣価値が高くなります。

ファンダメンダルズ要因は中長期的に為替の動きに
影響を与えますが、この他に一時的な影響が
あるものとしては実需要因があります。

実際に通貨が取引されたことによって価値が変わるもので、
巨額の外貨が動いた時に影響が出ます。

また、戦争や政策決定などその国の経済事情に
変化のある出来事の影響は、外国為替市場にも波及してきます。

経済に影響がありそうなものは何でも為替変動の要因になりえます。

戦争はその最たるものです。
たとえば市場には『有事のドル買い』という言葉があります。

言葉の通り、世界のどこかで自然災害や国家間の戦争、
紛争が発生するとドルが必要となり価値があがることを
示しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。