FX デイトレードのリスク管理.

FXデイトレードとは、一日のうち何回もFXの取引を
行うことです。

日計りという名称でデイトレードを表現することもあります。

そして、生活の糧を日々のデイトレードで得ている人を
FXデイトレーダーといいます。

大きな相場の動きに左右されない点がデイトレードの強みです。

短期的な相場の動きだけに注視しての取引が可能です。

逆にいえば、大きな上昇があってもデイトレードの場合は
流れにのった差益の獲得は難しく、一度のトレードで
得られる利益は常に一定です。

運用方法をコントロールすることで、一度の取引が
壊滅的な損になることも、リスクを回避することも可能です。

FXでは、業者に一定額の証拠金として預け
元金の何倍もの取引が可能なレバレッジという仕組みがあります。

元手に限りがあっても、一時的にレバレッジを
上げて大きな差益を狙うことがFXでは可能です。
少ない証拠金で数倍の取引ができるのです。

とはいえ、レバレッジを上昇させることは高リスクと
表裏一体です。

長期保有を目的にしている場合、平時は4〜5倍程度が
おおよその目安です。

しかし、デイトレードをする人によっては、レバレッジ100倍の
取引をすることもあります。

『相場の動きが読めた』と思う瞬間ならば、
レバレッジを上げることも有効な手段です。

FXは常にリスクを調整しながら取引に望めるという点で、
デイトレード向きの投資方法ともいえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。