FX外国為替証拠金取引とは何か

外国為替証拠金取引(FX)は、最近では
証拠金という一定額のお金を業者に預けて、
その業者を介して為替の売買を行うことです。

元々はForeign Exchange(外国為替)の略称でした。

FXは、初心者にもはじめやすい投資方法です。

まずは、失敗の少ない初心者向きの投資方法を
目指すならば、変動が読みにくい
為替差益による利益より、少額でも毎日入る
スワップ金利狙いの運用が合ってるでしょう。

FXは、証拠金を元手に貨幣を売り買いして
為替レートの変動による差益や、スワップ金利
呼ばれる各国金利差に基づく利益を受け取ります。


証拠金は数万円単位で出来るので、少額からでも
はじめられ、売買手数料が少ないので
何回でも取引ができます。

取引市場に出向かなくても
ネット操作で手軽に取引ができます。


外貨預金は取引時間に制限がありますが、
FXは、取引の可能な時間でしたら、
マーケットの開いている平日ならほぼ
いつでも可能です。

FXは、株のように多くの銘柄から選択するのではなく、
国の貨幣を買うので会社の倒産による資産の消滅は
ありません。

FXは、為替の変動で含み損が大きくなる危険性は
ありますが、そんな時でも被害を最低限に抑える
「ロスカット」ルールが存在します。
このルールは、初心者でも最低限
知っておくべき部分といえるでしょう。

為替の投資というとデイトレードの印象が
強いかもしれませんが、FXではそればかりでは
ありません。

スワップ金利(一定の外貨を
保有しているだけで何もせずとも、
毎日少しずつ資産が増える)も魅力的です。

FXは外貨預金に似ていますが、外貨普通預金は
低金利高手数料です。

外貨定期預金は金利は高めですが、
預け入れ期間が決まっており、その時々の
為替レートに合わせて売りと買いを
決めることができません。

投資は一旦預ければ運用は任せることができますが、、
FXは、何から何まで自己責任で
多額のお金を動かすので、慣れるまではためらいが
あるかもしれません。

まずは、FXの初心者入門をおさえ、無理のない
投資で有益な利益を生み出すことができれば、
資産形成において有用な武器になるでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。