FX レバレッジ



FX投資は、資金が少なくても、レバレッジを使うことで、
大きな金額を扱うことができる投資法です。
そこが醍醐味という人もいます。

変動し続ける為替や金利をある時点で買うことを
ポジションを取るといいます。

ポジションに対して、1倍、2倍、3倍といった
レバレッジを設定しておくことで、
変動後のFX投資の利益も1倍、2倍、3倍となります。

リスクとしての損失ももちろん、1倍、2倍、3倍になるのですが。

FX投資でリスク管理をする場合は、
レバレッジのコントロールが一番大切です。

リスク管理とは、取ったポジションが変動して損失が
発生しそうなときに、どこまでなら許容範囲なのかを判断し、
許容範囲をを超えた場合は、速やかに損失を確定して
手を引くことが重要です。

レバレッジを1倍に設定したときは、
いくらまでの損失が安全。2倍のとき、3倍のとき、
といつも意識し、FX投資のリスクをうまくコントロール
しながら投資しましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。