FX 外貨投資法


FX投資は、中長期の資産運用に有利な外貨投資法とも言われています。

今日本は、超低金利時代なので、日本の銀行に預けていても
お金が増えるという実感がありません。

豪ドル、米ドルなどの通貨で預金すると、
日本とは比べものにならない利子がついて、
まとまったお金を預ければ、
利子生活ができてしまうほどです。

FXスワップは、スワップ金利とも言われており、
通貨の金利差で利益を得る投資法です。

この方法は、現在とても人気があります。

例えば、FXレバレッジ(てこの力)を3倍程度に設定し、
日本円で豪ドルを1万ドル買うと、豪ドルを売ってしまうまで、
記事を書いている時点での金利差15〜18%のスワップ、
1日あたり100円ちょっともらえる計算になります。
年間だと4万ちょっとですね。

100万円を日本の銀行に預けて、年間4万の利子がついたと
考えるとうれしいですよね。

スワップは毎日受け取ることができるので、
結果がすぐ見えるところも人気のようです。

今後FXについて勉強する人が増えそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。