■5億円稼いだ男の投資ノウハウに興味はありませんか?

単刀直入にお伝えします。

このオファー、ご覧頂ければお分かりになりますが、
“無料”です。
===========

名コーチがあなたに付いて、
かなりの確率で、お金を増やしながら
投資を実践できるなら...


やらない手はありませんよね!


しかも、21日間のお試し期間付きですから、リスクは
本当にほぼゼロです。


まずは詳細ページをご覧になってみてください。

※先着1000名限定です!

詳細はコチラです。




投資とは“ゼロサムゲーム”で、自分の損失は他人の
利益の一部です。
そして、このゲームの勝者は2割、敗者が8割であることを。
あなたも勝者2割の中に入りませんか?


総額9万9200円相当するノウハウををすべて差し上げます!


その内容とは・・・

トレーディング基礎講座、
トレーダー要請講座第1回、
・セミナーDVD、
・対談音声セミナー、
・テクニカル分析の基礎知識、
IPO投資日経225&日経225mini、
FX用語集等・・・


詳細はコチラです。



※1000名限定のノウハウです!!

FX デイトレードのコツ

FXデイトレードを上手にするには、レバレッジを
かけるタイミングやポイントが大事です。

FXデイトレードで元手を何十倍にもした
成功者の話を聞きますが、そういった人は全体の
10パーセントに見たず、70%は負け越しているといいます。

失敗する人は、FXで小さな差益を何度か重ねていながらも、
それらの儲けが一気に吹っ飛んでしまうほどの大きな
差損を出してしまいがちです。

相場は円高方向には急激に落ち、円安方向には
小刻みに上がっていきます。

FXデイトレードでは、動きが急に変わるタイミングで
損を大きくしてしまわないことです。

自分なりのパターンを作り出して、それに沿って
デイトレードをすることが成功のポイントです。

売買ルールを固定しすぎると失敗しやすくなります。

臨機応変に使えるルールを幾つか持っておきましょう。

そして、その時々の状況に合わせて随時使い分けることが
デイトレードで負けないコツであり、益を積み重ねていく上では
必須です。

FXデイトレードとは、為替市場から少しずつ
お金をかすめ取っているようなもので、そのちょっとしたお金を
かすめ取るタイミングは一瞬であることが多いです。

一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、
FXデイトレードでは即断が必要です。

できるだけ勝ち逃げをすることがFXデイトレードのコツです。
深入りしすぎず、欲張りすぎないようにしましょう。

FX デイトレードの特徴

FXでは1日で取引を済ませるデイトレードと、
じっくりと売買をする中長期のトレードがあります。

FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレード
売買の留意点が少し異なります。

FXデイトレードでは小さな値幅の中での差益を狙いますが、
これは、1日の短い時間の中で売買を行う短期決戦的な
売買をしているからです。

0.3円から0.5円ぶんの差益を狙うことが多く、
時に1円ぶんの差益を狙う程度です。

数円単位の利幅を求める取引の形が中期〜長期のFXトレードです。

一方、デイトレードならば1円以上の差益は難しいものです。

為替市場は眠らない市場と呼ばれ、平日ならば常に開いています。

値動きが活発な時間帯はロンドン市場が開いてからと
ニューヨーク市場が開いてからです。

つまり、夕方の4時頃はロンドン市場の影響で、
夜中の9時頃はニューヨーク市場の影響で相場の流れに
影響が出ます。

利益が取りやすいタイミングとは、このように値動きが
活発な時です。

為替相場の記録であるチャートは今後を予測する時に
重要なものです。
短い期間で区切ったチャート表がFXデイトレードには欠かせません。

1時間単位、30分単位などのチャート表を使います。
短いチャート表から一瞬のタイミングを掴むのが
FXデイトレードですが、長期のチャート表で相場の大きな流れも把握します。

FX デイトレード向きの通貨

FXデイトレードでは、大きく相場が動く時に
その一部分に乗って利益を取ります。

FXで扱う通貨はたくさんありますが、
値動きの激しい通貨がFXデイトレードに向いています。

FXでは変動率の大きさを示すボラティリティという
言葉があり、ボラティリティの高い通貨ほど
FXデイトレードに向いています。

為替レートと値動きの関係をパーセンテージで
表すと大体の変動性の高さがわかります。

FXのボラティリティは通貨ごとに異なり、
2007年の米ドル/円は、最高値で124円台、
最安値は107円台で値幅は17円でした。

ここでイギリス通貨であるポンドに目を転じてみると、
変動した値幅は1ポンド251円円台〜219円台の32円です。

米ドル/円よりはポンド/円の方が値動きは激しく
ボラティリティは高かったわけです。

英ポンドと米ドルを比較すると、英ポンドの方が
デイトレードでの大きな利益が見込めるといえます。

実際、デイトレーダーがメインに取引をしている通貨は、
値動きの激しいポンド/円や、ポンド/ドルといった
通貨のようです。

FXでは金利の差によるスワップポイントが通貨ごとに
決まっています。

ただし、デイトレードでは1日の取引を翌日に
繰り越さないので、スワップポイントが加算されることは
ほとんどありません。

FXデイトレードではスワップポイントは関係なく、
値幅が大きくて為替相場の動きが素直で展開が読みやすい通貨が、
FXデイトレード向きの通貨といえます。

FX デイトレードの適性

FXデイトレードに向く人の適性は、集中力、
そして判断力のある人です。

判断力の高い人は、刻一刻と様相を変えていく為替相場に
順応し取引を続けることができます。

また、強い精神力がなければ取引を続けることはとても
難しいでしょう。

自己管理がしっかりできており、困難な状況に陥っても
そこから脱却できる方法を知っていることが
FXデイトレードの成功への道につながります。

取引スタイルはどんどん使いやすく手軽になっており、
FXの取引をゲームのような感覚で行うことが
できるようになりました。

FXイトレードはギャンブル感覚、
ゲーム感覚で楽しんでいるだけでは、
いつか大きな落とし穴にはまる事になりでしょう。

デイトレードでは、調子のいい時だけでなく
思うようにいかない時にどうするかを会得できるか否かが重要です。

資産運用方法の中でも、FXデイトレードは投機色が
強い印象があります。

リスクを負いながらチャレンジする賭け事的な印象もあるでしょう。

FXの取引では一瞬一瞬が勝負ですから、感覚を
研ぎ澄ませて判断ができるようになりましょう。

取引のスタイルをブラッシュアップさせ、
損きりの戦略や売買のタイミングなどを作り上げていきましょう。

些細なミスが大きな損になりかねないデイトレードですが、
損の限度を調整できているうちは大丈夫です。

FXデイトレードの時は、危険の高いトレードほど細心の
注意を計るようにしていきましょう。

外国為替を利用した外貨預金について.

資産運用の方法には様々なものがありますが、
外貨預金は外国為替を用いたシンプルな金融商品です。

長期で資産を運用したい人、また、外貨の扱いに
ついて初心者の人でもできる取引方法といえます。

定期預金や普通預金を日本円ではなく
外国為替で行うものと考えていいでしょう。

外貨預金には幾つかのタイプがありますが、
外貨ベースでの利息と元本が保証されているのが魅力といえます。

外国為替を利用して外貨預金をするには、
まずその時の為替比率で日本円を外貨に交換します。

一定の期間が経過すると預金は終了し、
利息がついた状態で日本円に再度換金されて手元に
戻るという形が一般的です。

外貨定期預金は預入期間が3ヶ月や6ヶ月と
あらかじめ決められており、外貨普通預金は期間が
決まっておらず自由に出し入れできます。

満期までは解約できないことが外貨定期預金では
決められています。

外貨定期預金の中途解約は、会社によっては
条件付きで認められているものもあります。

利息で資産を増やすだけではなく、為替差益を利用して
預入時より為替レートが円安になったタイミングで
解約することで大きな利益をあげることも可能です。

預け金110万円をドル建てで外貨預金に入れる場合、
預け入れ時1ドル110円ならば1万ドルを預けることになります。

満期になった時に1ドル110円が120円に上昇していた場合、
手元に引き出される額は利息抜きでも120万円になります。

外国為替市場の通貨特長.

各国通貨は個別に特色があり、為替市場の中で
それぞれが流通しています。

現在、実に多くの通貨が取引のために出回っています。

知名度の高いポンド、ユーロ、ドルなどは取引量の多い通貨です。

知名度があまり高くないものとしては
タイバーツや南アフリカランドなどたくさんあります。

外国為替市場の特色を知るには、流通している
各国通貨についても知っておいた方がいいでしょう。

FX取引でも通貨選択は重要です。

米ドルはアメリカの通貨であるだけでなく、
世界じゅうのマーケットで流通している基軸通貨です。

為替取引量が世界で最も多い通貨がドルであり、
国家間の貿易や投資はほとんどドルで取引されます。

不安要素もあり、財政赤字や経常赤字という
双子の赤字や、サブプライム問題の影響も見受けられます。

世界の外国為替市場でドル離れが少しずつ
進んでいることも事実です。

ユーロはEU欧州連合に加盟している25カ国のうちの
約半分が使用している通貨で、アメリカドルに次ぐ
主要通貨としての位置を固めつつあります。

外国為替市場での為替取引量は年々増加しており、
ドルに代わる受け皿の役目をする通貨として注目されています。

現在、為替市場で注目を浴びつつある通貨が
オーストラリアドルやニュージーランドドルです。

国家経済が好調なことがその理由です。

これらの通貨は取引量こそドルやユーロほどではありませんが、
金利が高く先行きが好調なことから投資としてよく
取引されています。

外国為替相場と外国為替市場について.

国家間の通貨のやり取りを直接通貨を
やり取りせずに行う方法に外国為替があります。

現金を直接やり取りせず、為替手形や送金小切手などの
信用手段で決済する方法です。

外国為替の俗称を「がいためと」いいます。

これは、本来の「がいこくかわせ」という読みを
縮めて表記したものです。

外国為替は国家間の通貨の取引なので、
通貨と通貨を交換することです。

交換比率を決める方法はいくつかあり、
1973年までは固定相場制が採用され為替レートは
固定されていましたが、ドルの大量流失に伴って
現在の先進各国は変動相場制へ移行しました。

そのためその時々の交換比率に基づく
外国為替相場が成立しています。

外国為替市場は外国為替取引がなされている場所として
株における東京証券取引所のように思われがちですが、
建物としては存在していません。

これは概念上の市場で、外国為替の取引市場は
電話やインターネットを通して取引を行います。

共通認識、イメージ的な存在であるともいえるでしょう。

外国為替相場では、主な取引がされる東京と
ニューヨークとロンドンの3つの市場を世界三大市場といいます。

外国為替市場の一日は、ニュージーランド市場が
日本時間の午前6時半(冬季は7時)に開始した時から始まります。

その後はシドニー、シンガポール、ロンドンなど
次々と市場が開き、終わるのは翌日午前6時(冬季は7時)です。

つまり、外国為替市場は世界中のどこかの国が
必ず開いている状態で、一つが閉まる頃には
別な一つの開く時間になります。

市場が眠らないと呼ばれるゆえんです。

外国為替相場の変動理由

外国為替市場で取引が続いている限り、
外貨の交換比率は日々刻々と変わり続けています。

市場で通貨の交換レートを決めているのは、
その通貨に対する需要と供給のバランスです。

片方の通貨が多くの人に求められ、もう片方の通貨が
必要なくなった時、人々はいらなくなった通貨を
売って欲しい方の通貨を買います。

この時欲しい方の通貨の価値は上がるため、
交換比率変動します。

人気のない通貨の価値は下がり、人気のある通貨の価値が
上がります。

実際に物を売買する場でも、求める人が多い品物は
価格が上昇しますが、通貨もそれは同じで求める人の多さが
そのまま通貨の価値に反映されます。

通貨がどのような理由で求められ、そして売られるのでしょうか。
大きなものはファンダメンダルズによるものです。

国家の経済成長率や貿易収支、卸売物価、
経常収支などの指数のことですが、為替レートに
中長期的な影響を及ぼします。

成長性の高い国はファンダメンタルの数字の伸びがよく、
市場では貨幣価値が高くなります。

ファンダメンダルズ要因は中長期的に為替の動きに
影響を与えますが、この他に一時的な影響が
あるものとしては実需要因があります。

実際に通貨が取引されたことによって価値が変わるもので、
巨額の外貨が動いた時に影響が出ます。

また、戦争や政策決定などその国の経済事情に
変化のある出来事の影響は、外国為替市場にも波及してきます。

経済に影響がありそうなものは何でも為替変動の要因になりえます。

戦争はその最たるものです。
たとえば市場には『有事のドル買い』という言葉があります。

言葉の通り、世界のどこかで自然災害や国家間の戦争、
紛争が発生するとドルが必要となり価値があがることを
示しています。

外国為替を利用した投資.

外国為替を利用した投資には様々なものがあります。

外貨MMFという外貨を使った投資信託もありますし、
外貨預金はそのまま外貨を定期預金として保有するものです。

FXは為替レートの変動で差益を取ることが目的ですし、
外国投信は外国債券や外国株で運用されます。

外国為替によって投資を運用する際の魅力には、
どのようなものがあるでしょう。

大きな理由に一つに、外国為替を利用した
投資時の金利のよさがあります。

日本円はここ何年もの間、ゼロ金利と呼ばれるほどの
超低金利通貨にあります。

日本で預金をしても利息はほとんどつきません。

一方、外貨の預金はその国の金利で計算するため
それなりの利息がつきます。

預金する外国通貨によって差はあるものの、
日本円と比べればかなりの金利の高さです。

この金利の高さが、外国為替の強みです。

また、資産を外貨で保有すると日本円の価値が
下がった時に備えてのリスク分散になります。

日本円のみで資産を保有している場合、国内で
大規模なテロや災害が発生すると日本円の価値が下がります。

また、インフレによってものの値段が上がった時に
外貨にして持っていれば、日本円の影響は少なくて済みます。

外貨を組み合わせないまま資産を持つことは、
日本円の価値変動の影響を直接被ることです。

外国為替を利用して資産を外貨に替えておくことは、
資産運用のリスクを分散させておく効果があるのです。

FX デイトレードのリスク管理.

FXデイトレードとは、一日のうち何回もFXの取引を
行うことです。

日計りという名称でデイトレードを表現することもあります。

そして、生活の糧を日々のデイトレードで得ている人を
FXデイトレーダーといいます。

大きな相場の動きに左右されない点がデイトレードの強みです。

短期的な相場の動きだけに注視しての取引が可能です。

逆にいえば、大きな上昇があってもデイトレードの場合は
流れにのった差益の獲得は難しく、一度のトレードで
得られる利益は常に一定です。

運用方法をコントロールすることで、一度の取引が
壊滅的な損になることも、リスクを回避することも可能です。

FXでは、業者に一定額の証拠金として預け
元金の何倍もの取引が可能なレバレッジという仕組みがあります。

元手に限りがあっても、一時的にレバレッジを
上げて大きな差益を狙うことがFXでは可能です。
少ない証拠金で数倍の取引ができるのです。

とはいえ、レバレッジを上昇させることは高リスクと
表裏一体です。

長期保有を目的にしている場合、平時は4〜5倍程度が
おおよその目安です。

しかし、デイトレードをする人によっては、レバレッジ100倍の
取引をすることもあります。

『相場の動きが読めた』と思う瞬間ならば、
レバレッジを上げることも有効な手段です。

FXは常にリスクを調整しながら取引に望めるという点で、
デイトレード向きの投資方法ともいえます。

南アフリカランドFXとは


今話題の南アフリカランドFXとは
いったいどういうものなのでしょうか。

南アフリカランドとは南アフリカ共和国の
通貨単位をあらわします。

南アフリカランドFXはあまり聞いたことがない人が
ほとんどだと思いますが、
日本に置き換えれば「円」になります。

南アフリカランドを「円」の価値に当てはめると、
2001年は1南アフリカランドあたり約11円でしたが、
2004年には約18円まで上昇しています。

2007年は約15円というとろですが、
これから先かなりのアップが期待される
通貨だといえるでしょう。

理由は、2010年に南アフリカで
FIFAワールドカップが開催されることが
決定したからです。
アフリカ大陸において初めての開催になります。
そのため、かなりの経済効果が期待されています。

また南アフリカ共和国は金や
ダイヤモンドの産出では世界有数です。

そういうわけで南アフリカランドFXは資源の
価格に大きく影響を受ける通貨であるといえるでしょう。

資源が恵まれた国である一方で、過去に
「アパルトヘイト」=人種隔離政策があり、
この制度が廃止されたのもそう遠くはない
過去のことです。

1994年の民主化以降に、南アフリカ共和国は、
急速にめまぐるしい成長を遂げています。
今、世界の注目の的となっており、
南アフリカランドFXを扱う証券会社が
急増しています。

現在どんどん人気を集めているのが
この南アフリカランドFXという高金利通貨なのです。

南アフリカランドFXについて


南アフリカランドFXについてご紹介します。

FXとは「外国為替証拠金取引」の意味で、
他には「通貨証拠金取引」「外国為替保証金取引」と
言われています。

南アフリカランドFXは金融商品の一種になります。

一般的に、インターバンク市場で行われる
取引単位は大きいため、なかなか一般の
個人投資家は入り込めない世界でしたが、
この取引単位を小さくすることで、
一般の個人投資家でも売買できるように
なりました。

保証金もわずかですむようになっています。


以前は、銀行間以外で外国通貨の取引は認められて
いませんでしたが、1998年に外為法が改正されたことで、
個人がネットや電話取引などを利用し、
自由に取引出来るようになりました。

そこで注目を浴びたのが、南アフリカランドです。

取引のタイミングにもよりますが、
南アフリカランドFXは高金利ということが
最大の利点です。

金利の差が大きければ大きいほど儲かると
いうことになるでしょう。

この取引で出てくるのが「スワップポイント」で、
南アフリカランドFXのように高金利の通過を買うと、
スワップポイントが、もらいやすいのです。

スワップポイントについては、さらにくわしく
調べる必要があるでしょう。

南アフリカランドFXの危険性


今注目を集めている南アフリカランドFXですが、
リスクについて説明します。

南アフリカランドは高金利で、スワップ狙いが
有効であるとされておりますが、
一定期間内での価格の変動率を
チェックしておいたほうが良いでしょう。

南アフリカランドFXは、「ボラティリティ」と呼ばれる
このようなリスクが高いのが気になるところです。
これを覚えておかなければなりません。

南アフリカランドFXだけに資本を
全部つぎ込むということは避けたほうが
よろしいでしょう。

魅力ある南アフリカランドFXですが、危険を
回避することも念頭に入れておいたほうが
良いでしょう。

どんな取り引きにもリスクはつきものです。

もし今突然何かがおこって円高になったら、
などの危険性もあります。
様々な場面を想定して取り引きを行いましょう。

そのような危険を回避するためには、
南アフリカランドFXにこだわらずに
分散投資をすることです。

ドルやユーロ、またこれから成長が期待される
国の通貨も合わせて買うことが必要とされます。

南アフリカランドでFXするためにはまず
自分の口座を証券会社でを開設しましょう。

今は、たくさんの証券会社がこの南アフリカランドFX
取り扱っていますので、スワップポイントや手数料、
他のサービスなどを比較して、自分に合った証券会社を
選ぶことが必要です。

そして、分からない点は、どんどん質問して
そのままにしないようにしましょう。

南アフリカランドFXはこれから初めてFX
始めるという人には入りやすい金融商品といえますが、
魅力的な南アフリカランドFXにも危険性があることを
忘れないでください。

まずは、インターネットなどで専門用語などを覚えながら、
しくみを理解してから始めてみましょう。

FXの利益について


FXの仕組みは、為替差益と
スワップポイントとで利益を得るというものです。

スワップポイントの魅力の一つに、
こちらは何をしなくても利益がひとりで増えていくと
いう、特にFXを始めたばかりの人にとっては
喜ばしいものがあります。

なぜこのような利益が出るかというと、
為替取引をする際に二つの国の通貨金利に
差が生じるために出るもので、
その金利差調整分なのです。

FXでは、低い金利の通貨を売って高い金利の通貨を
買うことにより、そのときに出る金利差分が
スワップポイントとで、利益として入ってくるという
仕組みになっています。

このスワップポイントは日々加算され、
それによって利益もあがっていく仕組みになっています。

FXの初心者入門として簡単に計算してみると、
現在、1万ドルを買って毎日約150円の場合、
買って1ヶ月放置しておくだけで何も売買をせずとも
月に約4500円の益になります。


FXで得られるもうひとつの利益は、為替変動に
よって生まれる為替差益です。

たとえば1ドルを120円で買って
140円で手放したという場合、
差として出た20円を利益として
得ることができるというものです。

この場合、外貨預金はドルの「買い」しか
できないので上記の形しか成立しませんが、
FXは「売り」もできるので、1ドル120円の時に
ドルを売り、110円で手放して益を
得ることもできます。

為替相場がどんどん変動するこの時代において、、
日本の貨幣だけを持つことは潜在的な
リスクがあります。

自分の持つ資産を大切にするために、
それをさらに増やしていくためにも、
FXを始めて外貨を複数持つことはとても
重要なことかもしれません。


外国為替FXのしくみ


一般的には「外国為替市場」とは、
「銀行間取引市場」のことを言います。

FXは、ほとんど電話とネットワークで
構成されており、株の東京証券取引所にあたる実在の取引所は、
存在しません。


「銀行間取引市場」で行われる取り引きの
結果で決まる二国間の交換比率が
為替レートとなります。

この為替レートは、国の内外の金融機関が
参加をして取引をしています。

私たちがFXの取引をする時は、取引業者を
介して行うので、この銀行間取引に
直接参加するわけではありません。

実際に取引をする金額は大きいので
一部だけを証拠金として業者に入金し、
差額は業者から借りる形になります。

これで少ない元手で取引ができるのです。

このように、実際の資金より高い額の
取引を行うことを、てこをいみする
レバレッジと呼びます。

ここで高い為替差益や高スワップを
狙うこともできますし、金利リスクを
低く抑えることもできるのです。

レバレッジの倍率は取引をする人が
自分のさじ加減に合わせて決めることができます。

レバレッジを増やすことで同じ年利2%の
金利でも4%にも10%にも変えることが
できます。

FXの初心者入門の段階でもレバレッジ
大きくなるとリスクも大きくなります。

相場が急に動いた時は、資産の追加や取引額の
減少などでレバレッジを一時的に小さくし、
対応する工夫も必要になります。


大手の証券会社でも倒産リスクがあり、
そして年金も十分ではありません。
今や、自分の財産は自分で守り殖やす時代です。

資産を有効に活用するためにも、
老後資金の形成のためにも、、
FXでの取引を覚えることは強い味方になってくれます。

FX外国為替証拠金取引とは何か

外国為替証拠金取引(FX)は、最近では
証拠金という一定額のお金を業者に預けて、
その業者を介して為替の売買を行うことです。

元々はForeign Exchange(外国為替)の略称でした。

FXは、初心者にもはじめやすい投資方法です。

まずは、失敗の少ない初心者向きの投資方法を
目指すならば、変動が読みにくい
為替差益による利益より、少額でも毎日入る
スワップ金利狙いの運用が合ってるでしょう。

FXは、証拠金を元手に貨幣を売り買いして
為替レートの変動による差益や、スワップ金利
呼ばれる各国金利差に基づく利益を受け取ります。


証拠金は数万円単位で出来るので、少額からでも
はじめられ、売買手数料が少ないので
何回でも取引ができます。

取引市場に出向かなくても
ネット操作で手軽に取引ができます。


外貨預金は取引時間に制限がありますが、
FXは、取引の可能な時間でしたら、
マーケットの開いている平日ならほぼ
いつでも可能です。

FXは、株のように多くの銘柄から選択するのではなく、
国の貨幣を買うので会社の倒産による資産の消滅は
ありません。

FXは、為替の変動で含み損が大きくなる危険性は
ありますが、そんな時でも被害を最低限に抑える
「ロスカット」ルールが存在します。
このルールは、初心者でも最低限
知っておくべき部分といえるでしょう。

為替の投資というとデイトレードの印象が
強いかもしれませんが、FXではそればかりでは
ありません。

スワップ金利(一定の外貨を
保有しているだけで何もせずとも、
毎日少しずつ資産が増える)も魅力的です。

FXは外貨預金に似ていますが、外貨普通預金は
低金利高手数料です。

外貨定期預金は金利は高めですが、
預け入れ期間が決まっており、その時々の
為替レートに合わせて売りと買いを
決めることができません。

投資は一旦預ければ運用は任せることができますが、、
FXは、何から何まで自己責任で
多額のお金を動かすので、慣れるまではためらいが
あるかもしれません。

まずは、FXの初心者入門をおさえ、無理のない
投資で有益な利益を生み出すことができれば、
資産形成において有用な武器になるでしょう。


FX 取引の方法


FXの取引は、円が安いときに外貨を買い、
円が高くなったら外貨を売ることで、相場の差額を利益に
する投資方法です。

先に外貨を売っておき、円が高くなったら買い戻すなど、
持っていない外貨を売ることからも始めることができます。

FX投資で利益を出すためには、円高と円安をきちんと
理解することが大切です。

 1ドルが110円のときと、130円のときでは、
どちらが円高でしょうか。

 これは、110円の方が円高です。

1ドルを円で買おうとしたときに、110円で買えると、
130円で買うときに比べて、ドルが安いと感じますね。
 
円高とは、円の価値が、ドルに対して高いと
評価されている状態を指します。

背景には、日本の企業の業績のよさや、政治が安定があったり、
あるいはアメリカ側に失業者が増え続けているなどの
要因があるかもしれません。

FXで投資をする場合は、こうした政治や経済の情報を
判断することも必要ですが、テクニカル的な分析も
参考になります。

円の価値が高くなり続けて、1ドルが0円で買えるまでに
なることはなく、投資家たちが、
「これはいくらなんでも安いでしょう」と考えたり、
政府が政策を取ったりすることで、FXの値動きが反転することも
あります。

こうした値動きは、一定のリズムがあるとも試算されていて、
値動きを分析した多くのチャートが存在しています。

まずは、円とドルの値動きのチャートと、
政治経済の情報に触れて、雰囲気をつかみながら
FXを勉強してみましょう。


FXとは?

FXとは、外国為替証拠金取引をする投資形態で、
「外貨FX」などとも呼ばれます。

FXの業者や証券会社などに小額の担保金を差し入れ、
その10〜20倍の外貨を売買することができる仕組みです。

外貨は、政治、経済、貿易、災害などさまざまな要因で、
常に変化しています。

円高のときに外国の通貨を買っておき、円が安くなってから
外貨を売って円に戻すと、売買の差分の利益が狙えます。

先に外貨を売っておき、円が高くなったら買い戻すなど、
持っていない外貨を売ることからも始めることができるのも、
FXではできます。

取引できる外貨の種類の豊富さ、最低証拠金や手数料の
引き下げにより、近年はFX投資利用者が急増しています。

証拠金の数十倍の金額を扱えるので、大きな利益を
期待することもできますが、予想と異なる方向に相場が
動いた場合は、損失も大きくなることがあるので、
FXを始めるには注意も必要です。

FX投資について大切な心得


どの投資でもそうなのですが、
FX投資では、大切なお金が運用によって
増えたり減ったりしていきます。

運用して増やそうと思っているのに、
逆に減ってしまうこともよくあることです。

読みが外れて、大きな損失が出たら、
愛する奥さんや家族に打ち明けたり、いつものように
会社に行って平常心で仕事をしたりできるでしょうか。

リスクコントロールをしっかりして、
FX投資で失敗しても、大切なお金はもちろん、
家庭や社会的信用まで失わないように心がけたいものです。

FXで扱う為替は、いつも変動しているので、
予想と反した動きで損失が発生しても、
流れが変わって利益が乗ることもあります。

統計的にみると、損失が拡大し続ける場合の方が多いです。

FX市場の動きが予想外だった場合、
多くの人は焦って手を引こうとするので、
大抵は引き際をためらっているほど
リスクは大きくなり、損失が拡大していきがちです。

リスクばかり強調しているようですが、
FX投資ではレバレッジといって、少ない資金を元に
大きな金額を取引できる仕組みがあります。

大きな利益を狙おうとするほど、
リスクも大きくなっていきます。

レバレッジが1倍の場合は、
元手が少し、あるいは大きく減る程度ですが、
レバレッジを高く設定していた場合の損失は、
場合によっては元手の何倍にもなってしまいます。

リスクとイコールともいえるレバレッジを
うまく使いこなして、FX投資
こつこつと利益をあげていきたいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。